スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀愁のエコール・ド・パリ シャガールとその仲間たち展

2011年11月16日(水)から25日(金)まで
「哀愁のエコール・ド・パリ シャガールとその仲間たち展」
を開催しています。

昨年10月にエコール・ド・パリ展を開催して、
1年ぶりのこの企画、前回以上に素晴らしい作品ばかりです。
19世紀初頭に、当時世界の文化の中心であるパリで花開いた
エコール・ド・パリの作家達。
今回は、シャガールの作品を中心に、ピカソ、ユトリロ、藤田嗣治など
今なお人々を魅了し続ける貴重な作品が揃いました。




シャガール展5
たくさんの絵画の中でも、やはりパッと目をひくのはシャガールの作品。
DMもシャガールの作品なのですが、
「シャガールの青色は特別きれいですね」というお客様の声もよくいただきます。
この作品のような鮮やかな青や、深い群青色など、青の幅が広くて
本当に美しい色です。
絵の内容は…好みの分かれるところですね。




シャガール展6
こちらはシャガールのエルサレムウィンドウシリーズです。
エルサレムの西の、ユダヤの丘と呼ばれるところにある教会。
そこのステンドグラスの制作をシャガールが依頼されました。
そのステンドグラスに描かれたものを、シャガールの指導監督のもとに版画にしたものです。
イスラエルの12の部族を描いていて、全12枚のシリーズの中から
今回は6枚展示・販売しています。



シャガール展3
こちらはピカソの作品です。
小さなポットに入った花を描いたシンプルな絵柄ですが…
作品の右下に注目!!
ピカソの直筆のサインが入っています!!
サイン一つで値段が価値が変わるというのも、なんとも不思議な世界ですが
誰もが知っているピカソが直に描いたんだ…!と思うと
まじまじと見てしまいます。




シャガール展1
デュフィの作品で「バッハに捧ぐ」。
音楽モチーフと明るい色彩は、
特に女性でお好きな方が多そうです。
デュフィは、色の塗り分け方がおもしろいといつも思います。
絵のとおりに塗り分けなければいけないわけじゃないんだなぁ。



11月も中旬になり、天文館もすっかりクリスマスムードが高まっています。
アーケード内もイルミネーションがきれい!
ドルフィンポートや城山観光ホテルも、毎年素敵なイルミネーションです。
マルヤガーデンズも、夜は幻想的な外観ですよ~!

M’sギャラリーも、イルミネーションに負けない豪華な企画でお待ちしております☆
ぜひお越し下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

§ 温故知新

シャガール 画像 で 検索中です
独特のライン と 色彩 すごいです。
こないだ シャガール展へ 行きました。
天井壁画~舞台衣装~ 映画 舞台 そんな歴史風景 なんとなくダリをモネの壁画を 思い出しました
こないだピカソの16歳のころの作品を見て びっくり
シャガールの若きころの作品を見たいなぁ
絵画同好会(名前検討中

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。