FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリア仏像コレクション展

2016年9月28日(水)から10月4日(火)まで、
「インテリア仏像コレクション展」を開催しています。
 
毎年開催している仏像展、今回もやってきました!
阿修羅像がブームになったのがもう何年前でしょうか?
調べてみると2009年に「国宝 阿修羅展」が東京と福岡で行われて、
モナ・リザ展とツタンカーメン展に次いで、歴代3位の入場者数だったそうです。
その頃から、仏像やお寺、御朱印帳などが注目を集めるようになったとのこと。
 
「ブーム」というとなんだか軽い印象も受けますが、
古来から伝わるものの魅力が見直され、多くの人が注目しているというのは
とってもいいことですよね。
特に、仏像の世界は知れば知るほど奥が深い…
毎年この企画になると、「観音と菩薩の違い」とか「如来とは」とか
検索して勉強するのですが、面白くてそして難しいです。
 
仏像のルーツやエピソードを知るもよし、
表情やその姿の美しさをじっと眺めるもよし。
日常の中に、仏像をインテリアとして取り入れてみませんか?
 
 
 
2016仏像展1
高さ46cmの千手観音、圧巻です。
42本の手にはそれぞれ様々な持物。
その手、指の表情もひとつひとつ違って美しいです。
120枚もの金箔を使い、それを拭き剥がして長い時間の経過までも
忠実に再現したそうです。
 
 
2016仏像展5
小さなたくさんの手も見えるでしょうか?
千手観音といっても、多くは40本、42本の手を持つ像が多く、
実際に千本持つ像は珍しいのだとか。
この千手観音は、実際に千本の手を持っていた
国宝「千手観音立像」がモデルだそうです。
 
 
 
 
 
2016仏像展2
仏像というと穏やかな顔をしているものが多いですが、
この蔵王権現はなんとも雄々しいポーズ!
蔵王権現とは「山岳信仰が仏教と結びついて生まれた山岳信仰の守護神で、
釈迦如来(過去)・千手観音(現世)・弥勒菩薩(未来)の
三仏の徳を兼ね備えるとされる」とされています。
後ろに炎を背負って、髪型も身に付けているものもかっこいいです。
 
 
 
 
 
2016仏像展3
文殊菩薩と普賢菩薩のブロンズ像です。
去年もこの作品を撮って紹介した気がしますが、
あまりにもかわいいのでやっぱり今年もご紹介します。
獅子に座る文殊菩薩と白い象の上に座る普賢菩薩。
子供のふっくらした顔と癒しの表情が愛らしい!



2016仏像展4
その他にも、北村西望の作品や、お仏壇の中に置けるサイズの仏像まで。
どの作品も、穏やかなお顔をしています。
 
 
インテリア仏像展、10月4日(火)までの開催です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。