スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代ヨーロッパ巨匠版画展

2016年9月13日(火)から23日(月)まで、
「~ユトリロからピカソまで~ 近代ヨーロッパ巨匠版画展を開催しています。
 
 
2016エコパリ1
ご覧ください、ずらりと豪華に並ぶユトリロ!
技法はリトグラフやポショワール、どれも貴重な当時のものです。
「白の時代」と呼ばれ評価の高い、白っぽい色調の作品や、
当時のモンマルトルの街中やカフェの雰囲気が伝わってくるような
明るい色調のものも。
 
 
 
 
2016エコパリ2
今回展示しているユトリロの作品の中で一番好きなものがこちら。
よく見るユトリロの作品とは少し違う、線で描かれたカラフルな作品です。
「線」で特徴的な画家といえば、ユトリロより40年以上後に
同じフランスに生まれたベルナールビュッフェでしょうか。
太くて強いビュッフェの線に比べ、ユトリロのものは優しく儚い印象です。
 
 
 
 
 
2016エコパリ3
マリーローランサンの作品、直筆のサイン入りです。
ローランサンもエコールドパリを代表する画家のひとり。
パリのモンマルトルで安いアトリエを借り、ピカソらともそこで知り合ったそう。
華やかで、ちょっとアンニュイな表情の少女像は、
誰が見てもすぐにローランサンの作品だとわかります。
 
 
 
 
 
2016エコパリ5
藤田嗣治の銅版画。
銅版画ならではの繊細な線が魅力です。
横たわる女性の、流れる髪や体のライン…
じっと眺めていると、フジタの描く美しい乳白色の肌の色が
見えてくるような感覚になります。
この作品の他にもとっても貴重な直筆のデッサン画もありますよ! 
 
 
 
 
 
2016エコパリ4
スペイン出身の画家、ジョアン・ミロの作品「夏」。
とってもカラフルで楽しげで、私の子供が喜びそうな絵です。
スペインのカタルーニャという地方に生まれたそうですが、
そこはダリや、ガウディも生まれたところなのだとか。
ピカソもスペイン出身です。
「スペイン=芸術」というイメージはあまり強くないですが偉大な芸術家がたくさん!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。