スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下村貢 新作日本画展

2016年6月29日(水)から7月11日(月)まで、
「下村貢(こう) 新作日本画展」を開催しています。

2年ぶり、今回で4回目となる下村先生の個展です。
今回は「心に残る花と風景」というテーマで、優しく美しい日本画が
約35点ずらりと並んでいます。
鹿児島県坊津のご出身ということもあり、連日ファンのお客様や
先生のお知り合いの方でにぎわっています。
 
私たちスタッフも大好きな企画で、新作を見るのを楽しみにしていました。
会場の作品の中から、何点かご紹介しますね。
  
 
2016下村先生4
12号、からすうりを描いた作品です。
制作に2年かかったそうで、先生もご自身の作品の中でも特に思い入れのある作品だとか。
同じものを描こうと思っても、もう二度と描けないだろうとおっしゃっていました。
からすうりの鮮やかな朱と、枯れて色が失われていく葉。
この儚い一瞬の美しさは、日本画でこそ表現できるものだと思います。
 
 
 
 
 
2016下村先生2
大井川鐡道の蒸気機関車を描いた、20号の大きな作品。
私の大好きな作品です。
「復活」と名付けられていて、タイトルがまたいい!
こうして車庫を見学できる日があり、整備士さんたちが作業している様子が見られるそうです。
豪華絢爛でもなく、新しくもなく、目を惹く派手さもないけれど、
だからこそジワジワくる魅力を感じる作品です。
 
 
 
 
 
2016下村先生3
そして、下村先生といえばやっぱり花!
美しいけど控えめで素朴で優しい、そんな花ばかり。
牡丹、菖蒲、椿、芙蓉、朝顔、山吹などなど。
どの作品も、花はもちろんのこと、背景の色の複雑さと細かさを
ぜひご覧下さいね。
時間をかけて描かれる背景が、花々をより一層輝かせます。
 
 
 
 
 
2016下村先生5
荘厳な富士山!写真にはありませんが、桜島もありますよ。
「富士山の絵はあまり好きだと思ったことがなかったけど、
この先生の作品は優しさと清らかさが出ていて素敵ですね」という
嬉しい声もお客様からいただきました。
 
 
 
 
 
2016下村先生1
そして今回は初めて、ミニの作品も登場!
サイズも価格もお手頃ですが、下村先生の描く花の素敵なところが
さらにぎゅぎゅっと凝縮されています。
額装もモダンで、和室洋室どちらにも合うと思います。
 
 
見るだけで穏やかで優しい気持ちになれるような
「下村貢 新作日本画展」、11日までの開催です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。