スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森永豊 作品展

2016年6月1日(水)から7日(火)まで、
「森永豊 ガラス作品展」を開催しています。
 
森永先生は、薩摩川内市でガラスの制作を続けていらっしゃいます。
М’sギャラリーでは毎年個展をお願いしていて、
私もとっても楽しみにしている企画です。

そして、秘かに楽しみにチェックしている、森永先生のブログはこちら↓
森永豊のガラス小屋日記
ガラス制作の話はもちろん、制作の赤裸々な裏話(?)、
ロケットストーブや燃料の話などなど、なぜだかどんどん読んでしまいます。
併せてチェックしてみてくださいね!
 
 
約200点の作品が並ぶ店内から、いくつかご紹介します。
  
2016森永先生3
花瓶、お皿、ピッチャー、小瓶…いろいろな形のガラス作品がありますが、
森永先生の作品ではまず、コップを使ってみていただきたいです。
手に持ったときの「しっくり」感。
口に当てた時ときの「おっ、口あたりがいいね~」感。
まずはひとつ…と買ってみると、他のコップとの違いがわかります。
 
 
 
 
 
2016森永先生4
かわいらしい玉脚のワイングラス。
おそろいでペアでもいいですし、これだけ色があるので、ご家族でご夫婦で
お好きな色をそれぞれ選んでもいいですね。
「ワイングラス」と思ってしまうと、ついつい食器棚の奥にいってしまいがちですが
食前酒、食前酢、ゼリーや果物など、何にでも使えます。
以前、こんなワイングラスに前菜としてもずくが入れられて出てきましたが
涼しげで新鮮で、見た目にも楽しめました。
 
 
 
 
 
2016森永先生2
よく聞かれるのが「これ何に使うの?」という質問。
何も入れなくてもそのまま飾っていてきれい!
入れるのなら、香水でも調味料でもお花でもOKです。
「海から持ち帰った砂を入れて飾ってるよー」というお客様も。
入れて良し入れなくて良し、飾っても良し、自分だけの棚にしまっていても良し。
持っているだけでちょっと嬉しくなる小瓶シリーズです。
 
 
 
 
 
2016森永先生1
こちらは大きめの花瓶。
店内のスポットよりも、外の自然の光が入るところで見たら
ますますキラキラしそうです。
ガラスの花瓶に花をさすと、水につかった茎が見えます。
その無造作にさされている感じがとても好きです。
 
 
 
 
 
2016森永先生5
渋いモスグリーンの色がとっても素敵なお皿。
今回は、例年に比べて色の入った作品が少ない印象です。
クリアなもの、すこし緑がかっているもの、一部にだけ赤が入っているもの。
形も、シンプルで使いやすいものばかりです。
色も形もシンプル。それだけに、作品の良さはますます引き立ちます。
 
花瓶やピッチャーは一点物も多数。
気になる作品がありましたらお早目にどうぞ!
 
森永豊 ガラス作品展は7日(火)までの開催です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。