スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村たかあき 鬼の世界展

2015年7月30日(木)から8月10日(月)まで、
~愉快な鬼の仲間たち~ 野村たかあき 鬼の世界展を開催しています。
 
今回、エムズギャラリーで初めての個展です。
絵を見たら「見たことある!」とピンとくる方も多いのではないのでしょうか。
前橋市出身の作家、野村たかあき先生の作品展です。
木彫や木版画なども人気ですが、一番有名なのはやはり絵本。
1990年には、「おじいちゃんのまち」で絵本にっぽん賞を受賞しています。
 
今回は絵本はもちろん、人気の木版画や掛け軸、木彫作品などを
展示販売しています。
 
※初日の7月30日には、野村たかあき先生によるミニトークショーも開催しました。
絵本製作のお話を直接聞くことができ、大変貴重な時間を過ごせました。
ご来場くださったお客様、ありがとうございました!

 
 
 
2015野村たかあき展4
エムズギャラリーでは今回が初めてですが、鹿児島では7年ぶり16回目の個展だそう。
作品を見てなつかしむお客さまも多くいらっしゃいます。
個展のタイトルにもあるように、鬼がモチーフの作品を描き続けていらっしゃいます。
架空のものだからこそ自由に作り出せるし、
悪の象徴とされる鬼だけれど、「人間になりたい、人間らしさを持つ鬼」というのを
表現し続けているそうです。
確かに、野村先生の描く鬼はどれもチャーミング。
怖いものが嫌いな私の息子(1歳半)も、「おにさんいっぱい!」と喜んで見ています。
 
 
 
 
 
2015野村たかあき展1
こちらは墨彩。
上の木版画もそうですが、鹿児島・桜島にちなんだ作品もいくつかあります。
「湧き出でる 勇気りんりん 桜島」
いいですね~、ちょっととぼけた赤鬼の表情!
ちっとも怖くない、かわいらしい鬼の絵は飾っておくと縁起がよさそうです。
 
 
 
 
 
2015野村たかあき展2
軸装されたものや、大きな作品は迫力があります。
「元鬼がなにより」「和鬼あいあい」「鬼もちです」など、
鬼の字を「き」と呼んでもじったものは、見るだけで気持ちがなごみます。
暗く写ってしまいましたが、木彫の鬼2体もなかなか強そうな表情です。
一木造や一木彫と呼ばれる、ひとつの木から彫りだされる継ぎ目のない作品。
鬼と、作り出した野村先生のパワーを感じます。
 
 
 
 
 
2015野村たかあき展3
木版画集をはじめ、野村先生作の絵本も販売しています。
なつかしい、ほっこりとした気持ちになる絵本、つい笑ってしまう絵本…
特におすすめは「やんちゃももたろう」。
誰もが知っている桃太郎のパロディーで、桃太郎が悪者になっている意外な内容です。
 
 
 
「鬼の世界展」といっても、怖くないあたたかな鬼がたくさんの今回の企画、
8月10日(月)までの開催です。


また、「なつかしい昔の道具と器展」も同時開催中。
ウナギをとるときに使っていた木の桶や、珍しい硯、鉄瓶など、
いつもエムズギャラリーで取り扱っているものとは一風違うものばかり。
こちらもぜひご覧くださいね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。