スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平泉秀博・悦子 ガラス展

2015年7月23日(木)から29日(水)まで、
「平泉秀博・悦子 ガラス展」を開催しています。
 
薩摩川内市東郷町で、ご夫婦でガラス制作を続けていらっしゃる平泉先生。
先月の森永豊先生と同じく、毎年M'sギャラリーで個展を開催しています。
私もとっても楽しみな企画の一つです。
 
その年の新作やオススメなど、こちらもあわせてどうぞ♪
2014年の個展の様子はこちら→2014年5月14日~20日
2013年の個展の様子はこちら→2013年7月24日~31日
2012年の個展の様子はこちら→2012年7月27日~8月6日
2011年の個展の様子はこちら→2011年5月13日~5月20日
 
では、今回会場に並ぶ素敵なガラスたちをどうぞご覧ください♪
 
 

2015平泉先生1
こちらはご案内ハガキになった作品写真。
花器として使えるようになっていますが、オブジェとして飾るのもいいですね。
ガラスの原料を変えたそうで、以前にも増してキラキラ美しく感じます。
シンプルでありながら、二つとして同じものは作れないこの形。
直接手で触れることは決してできない、熱い熱い制作の中で常に形を変えていくガラス。
それが冷めて固まって、こうやって形が出来上がるのは
なんとも不思議な世界に思えます。
 
 
 
 
 
2015平泉先生3
今回の新作、ガラスのカップ&ソーサー。
カップだけ、お皿だけ、というのはもちろん今までもありましたが、
セットは今回初めて。口の部分がカラフルで、そろえたくなりますよね!
カップとお皿を組み合わせただけ…と思ったら大間違い!
普通はお皿を作る際、テーブルと触れる底の部分が平らになるように気をつけ、
上になる面は多少波打っていてもかまわないそうです。
でもソーサーとして使う場合は、上面も平らでないとカップがうまく乗らないため、
どちらの面も注意して作らなければならないそう。
飾りのないスッキリとした印象のカップ&ソーサーですが、
聞かなければわからない工夫や苦労がぎゅぎゅっと詰まっています。
 
 
 
 
 
2015平泉先生4
とってもかわいらしい徳利。
ガラス自体はクリアで、線紋が入っているだけというのがなんだか夏らしいです。
キンキンに冷やした冷酒…お揃いのぐいのみで飲んだらおいしそう!
おそうめんの麺つゆにも使えそうです。
手前のものは、ちょっと写真ではわかりにくいですが細かい泡の線紋です。
 
 
 
 
 
2015平泉先生5
いつも人気のある、銀箔を使ったシリーズ、今回もやはり人気でした♪
かわいらしくもあり、かっこよくもあり、平泉先生ご夫妻の作品の魅力が
よく感じられる作品だと思います。
右奥に写っているぐいのみもいろんな色が入っていて見飽きません。
これは奥様の悦子先生が、全体のバランスを考えながら
ガラスの色の粒を配合しているそうです。
 
 
 
 
 
2015平泉先生7
ぐるぐると渦状になった泡紋の入ったお皿。
取り皿、デザート、サラダ、なんにでも使えそうないいサイズです。
ガラスはやっぱり、冷たい食べ物をのせて楽しみたいですね。
この泡紋もきれいに入れるのは難しいそうです。
どうやったら熱いガラスにこんなにきれいなライン状の泡が入るのか…
ガラスの世界は本当に奥が深いです。
 
29日(水)までの開催ですので、ぜひご覧くださいね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。