FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渕脇克仁 陶物展

2015年5月13日(水)から20日(水)まで、
「~愉快な とうぶつ たち~ 渕脇克仁 陶物展を開催しています。
 
霧島市の横川町で作陶を続ける渕脇克仁(ふちわきかつひと)先生、
エムズギャラリーでは昨年の2人展で初めてご紹介しました。
そして今回は初の個展です!
昨年の様子はこちら→2014年7月1日~8日
 
渕脇先生の作品は「陶芸」「焼物」という言葉からイメージするものと一風変わっています。
今回の個展のタイトル「愉快な とうぶつ たち」とあるように、
サイ、ゾウ、シマウマ、ワニ、パンダなどの様々な表情をした
動物、いや、とうぶつ?がずらりと並んでいます。
 
 
2015渕脇先生1
こちらは今回のご案内ハガキに掲載した作品。
ゴジラになりたかったワニ、「Wadzilla」です。
60cm近くある大きな作品で、牙の一本一本まで存在感を放っています。
普段焼物を見ない方はもちろん、焼物が好きだという方も
渕脇先生の作品を見るとみんな「これが焼物なの!?」と驚きます。
これまでの「陶芸」という枠を大きく飛び越えた作品だと思います。
 
 
 
 
 
2015渕脇先生6
今回で一番大きな作品、「ケニアのG」。
一人では持てないくらいの大きさ&重さ&迫力です。
なんでも、このサイズが窯に入る限界だとか…。
これだけの大きさのものの形を整えるのも、焼き上げるのも本当に大変だと思います。
渕脇先生の作品は「面白い」「新しい」だけではありません。
形は細部までしっかりと作りこまれ、作品によって異なる質感、色合い、
どれも確かな技術があってこそなのだとわかります。
 
 
 
 
 
2015渕脇先生4
今回の作品の中で私がいちばん好きな作品「白熊」です。
この勇ましいような、ちょっとだらけたような目が何ともいい!
横から見ると、ものすごーく猫背な恰好をしているんです。
真っ白で強い白熊というよりも、平川動物園にいるちょっとだらんとした白熊…
というゆるーい印象を受ける作品です。
 
 
 
 
 
2015渕脇先生3
こちらは「パグゾー」君です。
どれもポーズやしっぽの巻き方が違っていて、選ぶのも楽しそう。
この独特の表情、パグ好きにはたまらないですね。
今回たくさんの動物がいるのですが、本当に表情がそれぞれ違っていて楽しいです。
なんだかワルい顔をした犬や、ひょうきんそうなシマウマ、
おちゃめなゾウ、強そうなサイ…飽きずにずっと見ていられます。
 
 
 
 
 
2015渕脇先生2
こちらもまたちょっと変わった作品「スカルにカメレオン」。
タイトルだけだとおどろおどろしいようにも感じますが、
実物はこんなふうに↑ちょっとおどけたカメレオンがかわいい作品。
どこに飾るかはなかなか悩みどころですね。
写真ではわかりにくいですが、このカメレオンがまた面白い色をしているんです。
 
 
 
いくつかご紹介しましたが、ぜひ会場で実際に見ていただきたい作品ばかり。
パッと見てまずおもしろくて、じっくり見ると細かい仕事に感動します。
どの作品もそれぞれ愛嬌があってとってもかわいいですよ!
 
「渕脇克 陶物展」、20日(水)までの開催です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。