スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷上裕二 油彩画展

2015年2月18日(水)から24日(火)まで、
「~野鳥讃歌~ 谷上裕二 油彩画展を開催しています。
 
谷上裕二(たにがみゆうじ)先生の個展、
エムズギャラリーでは初めての開催です。
大阪在住、1966年生まれで、百貨店などで多く個展を開催しています。
21日(土)と22日(日)は、谷上先生もエムズギャラリーに在廊予定!
ご本人とお話しできる貴重な機会ですのでぜひお越しくださいね♪
 
タイトルに「野鳥讃歌」とあるように、今回はかわいらしい小鳥を描いた展覧会。
厳しい自然の中にありながら、その愛らしい姿と声で
見るものを和ませてくれる野鳥の姿を、そのまま切り取っています。
  
 
 
2015谷上先生6
今回一番大きな作品、50号の「舞-タンチョウ-」。
真っ白な雪の中で、楽しそうに舞っている二羽の鶴。
鹿児島では出水が鶴の飛来で有名ですが、
出水にやってくるのはナベヅル、マナヅルが中心。
美しいタンチョウヅルはなかなか見る機会がありません。
 
 
 
 
 
2015谷上先生1
今回のご案内ハガキになった「孤高-モズ-」8号。
個展に先駆けて、この1点だけ1週間ほど展示していたのですが
「これは写真でしょう?」「今度は写真展なのね!」と
いったい何人のお客様に声をかけられたことか…!
そのくらい緻密に、羽の細かいところまで描かれています。
この背景の色も、タイトルの「孤高」とよく似合っていて好きです。 
 
 
 
 
 
2015谷上先生8
「草原の歌い手-コヨシキリ-」8号。
約13~14cmの小さな小鳥です。
夏鳥で、北海道から九州に渡来するそうです。
この作品も、インターネットで検索して出てくる写真も、
コヨシキリはどれも大きくくちばしを開いています。
タイトルの「草原の歌い手」のように、よっぽどいつも鳴いているのでしょうね。
 
 
 
 
 
2015谷上先生4
「立春-ウグイス-」10号。
ホーホケキョで鳴き声がよく知られるウグイスは、
警戒心がとても強いため、鳴き声は聞こえても姿が見えないことがほとんど。
早春に鳴き声が聞こえ始めることから、別名「春告鳥」とも。
色の派手さはないですが、この素朴な見た目が何とも言えないかわいさです。
 
 
 
 
 
2015谷上先生7
鮮やかな色の「瑠璃鶲-ルリビタキ-」6号。
頭から尾まできれいな青色、おなかの白、脇のあたりは橙色。
とにかく美しい!こんな鳥を見かけたら感動しちゃいますね。
一見写真かと思って見たお客様も
「よく見ると写真とは違うね、写真と違ってちゃんと鳥が生きてる」
とおっしゃいますが、本当にそのとおり。
囀りが聞こえてきそうで、今にも飛び立ちそう、そんな生き生きとした
鳥の生命を感じる作品です。
 
 
「谷上裕二 油彩画展」、24日(火)までの開催です。
スポンサーサイト

コメント

§ dreamworld

朝田佳子さんから教えて頂きました❗️
仕事の為 伺う事ができなかったのが残念です!
今画像からですが見せて頂きました❗️
素晴らしいの一言です。
次回には是非見せて頂きたいと思ってます❗️

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。