スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~美しき饗宴~ 花を描く絵画展

2015年1月14日(水)から21日(水)まで、
「~美しき饗宴~ 花を描く絵画展を開催しています。

タイトルのとおり、花を題材にした作品が約40点並んでいます。
油彩、水彩、日本画、それぞれで描き方や仕上がりが違うのはもちろん、
同じ花を描いても、作家によってこんなに違うのかと驚きます。
どれも華やかさや生命力にあふれた作品で、
エムズギャラリーに入ると、一足早い春を感じられると思います。




2015花を描く3
松尾敏男「朝顔」
言わずと知れた巨匠ですね。2012年には文化勲章を受章しています。
普通に考えると季節外れの朝顔ですが、
眺めていると、しっとりとした日本画特有の柔らかい色合いに癒されます。
朝顔の花びらの端のほう、透けるような薄さが伝わってきます。





2015花を描く5
こちらは油絵、山下徹「シクラメン」。
これまでも苺などを描いた写実的な作品がとても好評でした。
このシクラメンもとても写実的なのですが、
ビロードの上に描いたような、ちょっと変わった質感です。
シクラメンの葉のちょっと厚くてごわっとした感じが
落ち着いた色合いで描かれています。





2015花を描く4
円池茂「春風・籠の花」、15号の大きめの油絵です。
壁は白く、花も明るい色なのに、重厚感のある作品。
花びらの1枚1枚、そして葉の先端まで、動きがあります。
なんだか花籠全体がオーラを放っているように見えるのは、
この背景の描き方の効果でしょうか?





2015花を描く2
九鬼三郎「古信楽にはまなす」、油絵です。
以前もエムズギャラリーに九鬼先生の作品がきたことがありましたが、
今回も私はとっても好きな作品です。
器と花との組み合わせのモチーフを数多く作品にされています。
どの作品も、その焼物が素晴らしいこと!
「焼き物の質感や重さまで伝わってくるね!」との声も多いです。




2015花を描く1
こちらは中島千波「上賀茂神社の御所桜」シルクスクリーン版画。
毎年大人気の桜のシリーズ、最新作が入荷しました!
写真だと金箔の明るさや、花びらの細かさや色使いは伝わりませんが、
実物はとっても美しく、優しい桜なのに迫力もあります。
桜の時期まではまだあと少しかかりますが、こちらは満開!


「花を描く絵画展」、21日までの開催です。
どうぞご覧くださいね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。