スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別府威徳 作品展

2014年11月20日(木)から26日(水)まで、
日本工芸会正会員「別府威徳 作品展」を開催しています。

出水郡長島町で作陶を続けている別府先生、
М’sギャラリーでは約4年ぶり、2度目の個展の開催中です。
前回の様子はこちら→2011年1月2日~10日



2014別府先生2
陶芸だけでなく、白日会会員で絵もたくさん描いていらっしゃいます。
器、カップ、急須、花器、壺などのほかには
壁には油絵と陶画も並んでいます。
今回の個展のサブタイトルは「実り豊かな器たち」
器は色とりどり、先生らしいあたたかみのある色合いのものばかりです。




2014別府先生1
椿、野葡萄、山帰来、白山木…器に描かれているのは、先生の工房の周りにある
季節を感じる野の木や花々。
優しい絵付けは、まさに別府先生の人柄が表れているなぁと感じます。
食卓にあると気持ちがほっこりするような器です。




2014別府先生4
この四角皿もオススメです。
絵柄がいろいろあると、どれを買おうか、どれを使おうか、ついつい迷ってしまいますね。
お料理の取り皿でもいいですし、ケーキ皿にもよさそうな大きさ。
今の時期はやっぱりもみじでしょうか?




2014別府先生5
コーヒーカップは使いやすくて、ファンになったお客様も多い人気作品。
鮮やかなルリ色、そしてターコイズブルーが目を惹きます。
特にターコイズブルーは、焼き物ではなかなか見かけない色ですよね。
形や大きさ、持ち手の部分の形までそれぞれ違っています。
お気に入りのマイカップで飲むコーヒーは格別ですよ♪




2014別府先生6
幾何学模様のような実や葉が描かれた大皿。
デザインがなんとも楽しい、存在感大の作品です。
これだけ大きな作品ということは、形を作った段階、焼く前の段階では
さらにもう一回り大きかったということ。完成させるのは本当に大変な技術です。





2014別府先生3
練り込みも別府先生の代表的な作品の技法です。
手で描くのとは一味違う、不規則だけどなんだかリズミカルな
練り込みならではの模様の出方がおもしろいです。
水滴、お皿、ぐいのみ、どれもかわいらしいパステルカラー。


別府先生の作品展は26日(水)までです。
どうぞエムズギャラリーにお越しくださいね♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。