スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 ハンガリー19世紀絵画展

2014年10月1日(水)から9日(木)まで
「第2回 ハンガリー19世紀絵画展を開催しています。

7月末から8月上旬で開催したこの企画、大好評いただきました。
そこで、新たに作品を追加してさっそくの第2回です♪
前回の様子はこちら→7月30日~8月11日



2014ハンガリー26
今回のDMに使われた作品「ばら」。
パステルならではの優しい色合いとタッチで
女性の表情と、光が柔らかく差している様子を美しく描かれています。
こんなに素敵な作品ですが、画家と来歴どちらも不詳。
ハンガリー・アンティーク公団の分析で、19世紀後半から
20世紀初頭にかけての作品と鑑定されています。
名前もわからない作者の絵が、遠く日本で飾られているなんて不思議な気がします。





2014ハンガリー25
こちらには作者のサインと、「1892年」という文字も入っています。
なんとも言えない雰囲気があります。
油絵らしいべたべたっとした感じなのですが、描き込み過ぎていないのに
アクセサリーなど細かいところまでしっかり見ることができます。
持っている楽器はなんだろう?と思って調べると、
バンジョーにも似ていますが少し形が違っているようです。





2014ハンガリー21ght="328" />
90cm×135cmの大きな作品「夕べ」。
ギュイド・ハンマーという画家の作品で、1898年に亡くなっていますので
少なくとも描かれてから116年は経っています。
ドイツの森林の四季を多く描いたそうなので、この風景もドイツでしょうか?
雄大な自然と、かわいらしい目をした鹿、山の上には三日月も。




2014ハンガリー23
この作品「祈り」も作者、来歴ともに不詳。
キャンバスや絵具の状態から、19世紀後半の作品のようです。
アンティークらしく、全体が重厚な雰囲気でべっこう色に見えるのですが
ライトを当てると白い部分が浮き上がって見えます。


美術館に行ってもなかなか見られないような素晴らしい作品ばかりです。
9日(木)までの開催ですので、ぜひご覧ください♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。