スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本松進一 絵画展

2014年2月4日(火)から10日(月)まで、
「~古都の四季を描く~ 本松進一 絵画展」を開催しています。

М'sギャラリーで初めて紹介する本松先生。
喜寿を迎えられた先生は、京都府にお住まいで、
古都京都・奈良、そして近江の風景を描き続けていらっしゃいます。
とっても美しい作品ばかりで、スタッフも楽しみにしていた企画です!




2014本松進一1
奈良市の「春日大社の藤」。
作品は全て油絵ですが、お客様のほとんどが「油絵とは思えない!」とおっしゃいます。
「写真かと思った」「日本画のような繊細さだ」「刺繍のように立体感がある」
どれも私も同感で、本当に細かく描かれています。
そして色遣いの美しさ!!
今回は特に「古都の四季を描く」というタイトルの個展なので
春夏秋冬、様々な花が描かれていて、ギャラリーのどちらの壁を向いても
色鮮やかな古都の風景が広がっています。





2014本松進一3
京都市左京区の「善峯寺のアジサイ」。
憂鬱な梅雨でも、目を楽しませてくれるアジサイは私も大好きな花です。
手前のアジサイはもちろん、お寺の奥の林まで
本当に精緻な筆遣いで描かれています。
湿った空気や、林の匂いまで伝わってきそう。




2014本松進一4
京都市右京区の「梅宮大社茶室の花菖蒲」。
どの作品も、その場所に行ってみたい!と思わせます。
単なる風景のきれいさではなくて、その場の空気まで届くような絵です。
描かれているのは観光地でも、観光として見たのではなく
そこで生まれ育って見続けてきたからこそ描ける作品だと思います。





2014本松進一6
京都市一乗寺の「洛北曼殊院の紅葉」。
鹿児島では秋は短くてこんな見事な紅葉はなかなか見られません。
どの季節もどの花も好きですが、
春の桜と秋の紅葉は、不思議と特に心が揺さぶられます。
日本人ならみんなそうなのかな?



2月10日(月)までの開催です。
見ないと損!というくらい素敵な個展ですので、どうぞご覧くださいね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/08 08:48)

奈良市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/08 09:11)

京都市左京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。