スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新星作家 日本画洋画展

2012年10月4日(木)から10月15日(月)まで
「新星作家 日本画洋画展」を開催しています。

画家を志し、プロとして歩み始めた若手の画家、新星作家の作品展。
今回は、東京芸大や愛知県立芸術大学の卒業生を中心に、
30代~40代の作家の作品を約30点展示・販売しています。
「十人十色」ということばがピッタリなこの企画、
フレッシュでユーモラスな作品が多く、楽しく見られます。

2012新星作家5
青空がさわやかな1点です。
絵自体がきれいなことはもちろんですが、注目してもらいたいのがこの額。
少し斜めから撮ったので、わかるでしょうか?
普通の額ではなく、アクリル板で囲われたものです。
最近ちょこちょこ見かける機会が増えてきました。
この額を使っている作品の多くは、側面にも絵を描いてあります。
普段は正面からしか見る事のない絵画ですが、
側面や上下にも描かれていると、空間の広がりを感じて新鮮です。




2012新星作家4
こちらも空の色が魅力的な作品。
深い青色で夜の景色のようにも見えます。
左に立つ塔がなんとも不思議な形をしています。
なんにもない原野のような風景の中に、近代的な、機械的な塔がぽつんとあって
その対比がおもしろい作品です。
ちなみに、この作品もアクリルの額で、作品の雰囲気とよく合っているように感じます。






2012新星作家3
モダンな色彩の美しい作品。
日本画とも洋画とも区別しにくい、独特な世界観があります。
今回展示している作品は、日本画なのに油絵っぽいものや
油絵なのに日本画っぽく描いているものが多く、
私達もぱっと見て判別しにくい作品がたくさんあります。
「日本画」「洋画」というジャンルにとらわれずに自由に描くというのも
新生作家ならではだと思います。




2012新星作家2
こちらは私の好きな作品です。
胸元のグラデーションがとってもきれい!
本物はもちろんもっともっと鮮やかな色づかいです。
1羽だけ違う色だったり、1羽だけ離れていたり…
きれいな色の作品なのに、なんだかちょっとだけ寂しげな印象もあります。



鹿児島もずいぶん涼しくなりました。
朝や夕方は窓を開けて、気持ちのいい秋風をいれたいところですが
桜島が毎日のように噴火していて、なかなか窓が開けられません…
快適に過ごせる時期は鹿児島は本当に短いです。

さてさて、「新生作家 日本画洋画展」は15日(月)までの開催です。
芸術の秋をどうぞエムズギャラリーでお楽しみくださいね♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【新星作家 日本画洋画】

2012年10月4日(木)から10月15日(月)まで「新星作家 日本画洋画展」を開催しています。画家を志
プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。