スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福元弘信 薩摩焼展

2016年5月25日(水)から31日(火)まで、
「福元弘信 薩摩焼展」を開催しています。

伊集院町美山で作陶を続ける福元先生。
エムズギャラリーでは、ほとんど毎年個展を開催しています。
 
もともとは沈壽官窯に長くいらっしゃり、2008年に独立、
現在の場所に「仁王山窯」を作りました。
 
約150点の作品の中から、いくつか紹介しますね。
 
2016福元先生4
これぞ「ザ・白薩摩!」といった感じの、形・透かし彫り・絵付け、
どれをとっても気品あふれる作品。
黒薩摩はどっしりと男性らしい雰囲気があり、白薩摩はやわらかな女性らしい印象。
この香炉もまさに、描かれた天女のように女性らしい美しさ。
繊細で狂いのない透かし彫りは、何度見ても素晴らしいの一語です。
 
 
 
 
 
2016福元先生2
数年前からチャレンジしているのが、この切子スタイル。
「薩摩切子はガラス」という当たり前の概念をひっくり返した作品です。
県内はもちろん、県外の方からも評判がいいのだとか。
薩摩切子も、白薩摩も、どうしても価格が高く気軽に手が出ない…
自分用にも、お土産用にもなかなか買えない…
という方はとっても多いです。
新たな鹿児島の名物になったらいいなと思います。
 
 
 
 
 
2016福元弘信3
切子シリーズから派生した?ストライプのマグカップ。
コーヒーや紅茶がお好きな方は、カップの形はもちろんですが
内側が白であることにこだわる方も多いです。
これなら飲み物の色もきれいに見えますね。
切子スタイルの作品は、白薩摩ではなく磁器なので、
貫入に色が入り込むこともなく、しかも丈夫!
 
 
 
 
 
2016福元先生5
すっとまっすぐに伸びた、鶴首型の一輪挿しです。
縞々模様の色は、いろいろなバリエーションがあります。
ぱっと見た瞬間、ハクション大魔王の壷を思い出しましたが、
検索して画像を見てみたら全然違っていました…
 
 
 
 
 
2016福元先生1
茄子型の蓋物、そのまま飾っておいてもかわいい!
食べ物を入れたり小物を入れて楽しんでもいいですね。
奥の赤絵のカラカラは、酒器としてだけではなく、
ラー油だったりおしょうゆだったり、調味料を入れてもよさそう。
 
 
「福元弘信 薩摩焼展」、ぜひお越しくださいね!
スポンサーサイト
プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。