スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤純男 版画展 ~古都の静寂~

2015年5月21日(木)から6月3日(水)まで、
「後藤純男 版画展 ~古都の静寂~」を開催しています。
 
日本画家の巨匠、後藤純男先生の版画を集めた展覧会、今回が初めてです。
2002年に北海道上富良野に開設された後藤純男美術館の協賛により、
美術館が所有する版画作品を展示・販売しています。
サブタイトル「古都の静寂」とあるように、後藤純男先生の代表的なモチーフの
京都、奈良、鎌倉の風景画を中心とした約30点をご覧いただけます。
 
では、私の好きな作品をいくつかご紹介しますね♪
 
2015後藤純男6
こちらは今回のご案内ハガキになった作品。
紅葉の色がとっても美しい、日本ならではの美が感じられます。
版画展を開催するとよく「えーっ、これが版画なの?肉筆じゃなくて?」と言われますが
今回はその言葉を本当によくお客様から聞きました。
それだけ色を多く使い、摺る順番にもこだわって作っているということだと思います。
 
 
 
 
 
2015後藤純男1
金閣寺、緑が茂っているので夏でしょうか?
木々の部分は、ほんの少しずつ違った色が幾重にも重なっていて
奥行き、立体感があります。
水面にぼんやりと映った金閣寺、奥にある木の影…
こんなところまでよく版画で表現できるなぁと感動します。
 
 
 
 
 
2015後藤純男2
金色に輝く富士山と、深い藍色の空がきれいな作品。
富士山はやはり迫力があり、縁起のいい感じがしますね。
手前の松と霞がかかった様子が、遠く高くそびえたっているのを強調しています。
夜明けに日があたりはじめるころ、実際に金色に見えることがあるそうです。
「黄金富士(こがねふじ)」と呼ばれるそうです。
 
 
 
 
 
2015後藤純男5
こちらは春、桜が満開です。
上の富士山と金閣寺のようなキリリとした色合いもいいですが、
このぼんやりとした淡い色合いも、作品全体が春らしい感じがして好きです。
後藤純男さんと言えば、この作品のようにお寺を描いた作品が多いですよね。
経歴を見てみると、お父様が真言宗の住職だったそうです。
だからお寺の絵が多い…のかはわかりませんが、少しは関係しているのかも??
 
 
 
 
 
2015後藤純男3
冬の嵐山、渡月橋を描いた作品です。
実は私、今回の展覧会で描かれている場所のほとんどがどこか知らず、
もちろん行ったこともない場所ばかり。
絵だけでももちろん美しさは味わえますが、実際に見たところ、行ったところだと
その感動も違ってきますよね。
「日本の名所を1年かけて旅行したような気分になったよ」とおっしゃったお客様が
いらっしゃいましたが、本当にそんな気持ちになります。
 
 
6月3日(水)までの開催です。
ぜひご覧くださいね!
スポンサーサイト
プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。