スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美仏巡礼展

2012年5月29日(火)から6月4日(月)まで、M’sギャラリーでは
「美仏巡礼展」を開催しています。

開廊して丸2年。絵画、ガラス、焼物、掛軸…様々な美術品の企画をしてきました。
今回は未知の世界、仏像を中心とした新しいジャンルの企画です。
2010年の「北村西望展」でも、たくさんのブロンズの中に仏像も
ありましたが、今度は仏像ばかりがずらーーっと並んでいます。

いつものエムズギャラリーとちょっと違う、
独特で少し怪しげな雰囲気にぎょっとされるお客様もいらっしゃいますが、
実はここ数年、仏像がブームになっていて「見仏ツアー」なんてものもあるのだとか。
3年ほど前に、九州国立博物館でも阿修羅展が開催されて、大きな話題になりましたよね。
宗教的なものとしてではなく、造形美を楽しむ美術品として見る方が多いそうです。

では、作品をいくつかご紹介します。

美仏3
千の手を持つ千手観音。
数ある仏像の中でも、見た目のインパクトも大きくて有名な作品です。
手が千本あり顔が11面ある「十一面千手観音」というのが一番多く見られる
形だそうです。
この作品も顔が11面あり、小さいながらも表情の違いも読み取れます。
21対ある手の後ろに、小さな花弁のようにも見えるものも全て小さな手!
作業の工程の多さ、膨大な時間…想像もつきません。




美仏4
こちらは毘沙門天です。
力強いポーズと凛々しい表情、
足元には邪鬼が踏みつけられています。
この写真ではそんなに細かいところまでは見えませんが、
ぜひ見ていただきたいのは毘沙門天の瞳です。
近くで見ると、まるで生きているかのような瞳!
職人さんのなかでも、熟練の職人さんしか瞳を描くことが許されず、
一つを描くのに6回にも分けて描くのだとか。
画竜点睛、瞳でまったく印象が違ってきます。



美仏1
中国で生まれた観音の一つ、魚籃観音像。
左手にはかごに入った魚を持っています。
女性らしい、優しく穏やかな表情をしています。



6月4日(月)までの開催です。
美しい形に歴史を感じて、しずかな気持ちになれる企画です。
どうぞご来店くださいませ!
スポンサーサイト
プロフィール

エムズギャラリー

Author:エムズギャラリー
開催中の企画や、
取り扱い中の作品をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。